MENU

愛人になりたい女性に必要な事

 

愛人になれば、数多くのメリットが女性の元に舞い込んで来るわけですが、具体的にはどういった女性が、愛人に相応しいのでしょうか?愛人は、容姿が良いだけでは務まりません。男性の心を夢中にし、疲れを癒し、男性として興奮させ、心身ともに元気にさせる。男性から求められる愛人としての必要な要素は複数あるので、これから愛人になってみたい、愛人希望の女性はこちらのスキルが自分にあるかどうか、チェックしてみましょう。

 

相手を喜ばせる自身がある

 

男性の喜ぶポイントを、ご存知ですか?確かに美しい女性なら外見でも喜ばれますが、それだけでは愛人は続きません。男性を不自然なく喜ばせる力を持った女性こそが、男性に長く愛される愛人になります。例えば、相手男性に合わせた会話ができて、話を膨らませるトークスキルがある、男性の立場を自然と立てられる、疲れている相手を自分で癒す力がある、精神的に安らぎや元気にさせる言葉遣いや、女性としての包容力がある、などです。逆に言うと、そこまで容姿がカンペキな女性でない普通の女性でも、男性が安らぎや活発なパワーを感じる相手であれば、いつまでも傍に置きたくなり、求められる女性に成れるのです。世間の愛人女性は20代前半だけでなく、30歳以上や中には主婦も存在する点から見ても、愛人は美貌だけではないのです。

 

愛人とセックスが出来る

 

セックスを希望しない、要求されない愛人関係は勿論存在しますが、しかし大半がセックスありきの関係と言えます。男性は愛人の女性との時間を、「非日常的で官能的な時間」と捉えます。例え数時間でも、体の底から興奮する様な、質の高いセックスを求めているのです。愛人とのセックスが淡泊であったり、退屈であればすぐに女性に飽きて、手放される可能性だってあります。基本的にセックスがあり、更に男性の欲求を最高の状態で満たせるセックステクニックがあれば、愛人女性のかなりの強みになります。セックス好きの女性は、愛人として重宝されやすいものです。

 

愛人としての立場を理解できる

 

愛人関係は、恋人関係ではありません。この事実を念頭に置いておかないと、相手のプライベートに必要以上に関わったり、自分との時間を更に欲しがったり、毎日連絡を要求するなど、平均的なバランスを踏み外してしまいます。愛人関係で重要なのは、あくまで「ルールの上で成り立つ利益関係」であると言う考え方を持つことです。女性が男性に入れ込むと、男性の要求をどんどん飲み込み、相手の心欲しさにルールを侵し、お手当なしでも相手に奉仕する、と言う事態になるケースがあります。こうなってしまっては、要するに単なるセフレで、愛人ではありません。相手と自分の立場を知り、お互いの目的を理解した大人でこそ、素適な愛人関係が成立します。

 

秘密を厳守できる

 

愛人関係を作る男性は、大抵秘密の関係として築きます。男性は既婚者であったり、複数の愛人を持っていたり、社会的立場で愛人公表が不可能なパターンがあります。自分が愛人となり、自慢したい気持ちも分かりますが、相手が秘密にしている限り、貴女との時間は秘密の厳守をしましょう。秘密を保持するのは、信頼関係を継続させるに同義と言えます。男性が安心して信頼を寄せられる女性であれば、関係は楽しく濃厚になり、またお手当やプレゼントなどの報酬も必ず弾む筈です。
愛人募集の定番サイト女性は完全無料
優良愛人募集サイトランキング