いくら給料が少なくて生活に困っていても、きっと愛人に目をつける人は少ないと思います。私だってまさか自分が男性の愛人になるなんて思ってもいなかったですし、周りの友達で愛人になってる子も誰もいません。だからみんなバイトを掛け持ちしたり親を頼ったりするんだと思います。それはきっと愛人という言葉がどこか自分とは違う世界のものだと思っているからですよね。

 

実は私、前にバイト先のお客さんに愛人にならないかって言われたことがあるんです。その時にはじめて生活を変えるために愛人になるという気持ちが湧きました。そのお客さんは私みたいな小娘のために月50万出してくれると提案してくれました。最初は信じられなかったんですけど、以前から私の事を凄く気に入ってくれていたおじ様だったんで、私もちょっと真に受けてしまったんです。その時は勤務中だったから電話番号を聞くことができなかったんですけど。また近いうちに来てくれると言っていたんで期待して待っていました。私の父と年齢が同じくらいの男性だったんで、正直悩みましたが、生活のために愛人になろうと決意していたんです。だけどそのお客さんはそれ以来店に来ることはありませんでした。電話番号を聞いておけばよかったと思っても後の祭りです。

 

だけど今考えればあのお客さんはただ私をからかっただけなんだと思います。だって50万で契約してくれるような裕福な男性が私が働いているような安居酒屋に飲みに来るはずがありません。それにどんな仕事をしているのかも知らなかったので、多分普通のおじ様が酔った勢いでからかったんだと思います。真に受けた自分が恥ずかしかったけど、それで愛人募集をするきっかけになったので、それはそれでよかったと今では思っています。

 

パソコン一つで愛人が作れる
優良愛人募集サイトランキング
高条件の愛人を見つけるなら複数サイトへの登録を推奨します